HOME : 製品紹介 : GC : キャピラリー

GC キャピラリー

キャピラリーカラムはパックドカラムに比べて試料の拡散が少なく、また、その通気性の良いことから非常に高い分離能を示します。1980年頃にフューズドシリカチューブにポリイミド樹脂を被覆したキャピラリーカラムが開発され、そのシリカ表面の不活性さ、取扱いの容易さにより、さらに高分離・高感度で分析が可能となりました。
弊社ではすべての試料の分析に対応できるように、化学結合タイプをはじめとする種々のカラムを取り揃えています。

キャピラリー製品リスト

タイプ HR(化学結合タイプ) WCOT(コーティングタイプ)
材質 フューズドシリカ 不活性処理済
ステンレス
フューズドシリカ ステンレス
  ULBON HR-1
ULBON HR-52
ULBON HR-1701
ULBON HR-20M
ULBON HR-SS-10
ULBON HR-Thermon-600T
ULBON HR-Thermon-3000B
ULBON HR-Thermon-HG
ULBON HR-17
ULBON HR-TGC1 ULBON Advance-DS
ULBON FFAP
ULBON ALPhen
ULBON Xylene Master
ULBON PLC
ULBON DMN 267
ULBON Kel F Oil No.10
ULBON SPX-1
ULBON Squalane
ULBON OV-101

ULBONは弊社のキャピラリーカラムの総称です。

ULBON HRは化学結合層タイプの総称です。

キャピラリーカラムの分類

名 称 タイプ 特 徴 材 質
ULBON
HR シリーズ
化学結合層 固定相液体の分子間の架橋とキャピラリー内面との化学的結合をしたカラム ポリイミドコートフューズドシリカ
内面不活性化処理済
ステンレス
ULBON シリーズ WCOT
(Wall Coated Open Tubular)
キャピラリー内面に固定相液体をコーティングしたカラム ポリイミドコートフューズドシリカ
ステンレス

↑ページ先頭へ

HOME | 製品紹介 | 技術情報 | 企業情報 | お問い合わせ | GC/LC検索