HOME : 製品紹介 : GC : キャピラリー : 専用カラム

GC キャピラリー 専用カラム

PDF DownloadGC キャピラリー 専用カラム 仕様と価格

ULBON HR専用タイプは、当社が特に専用分析用として開発した製品です。
専門分野でお使いいただくための汎用キャピラリーにはないユニークなカラムです。

液相の仕様

品名 液相 極性 用途
HR-SS-10 ニトリルシリコン 脂肪酸エステル専用
(特にC1=18,C2=18の幾何異性体)
HR-Thermon-3000B
フタル酸エステル 脂肪酸エステル専用
(特にC20の不飽和の分析)
HR-Thermon-600T
フタル酸エステル 精油、香料
HR-Thermon-HG
アルキレングリコール
フタル酸エステルポリマー
メチル水銀、エチル水銀、
トリブチルスズ
HR-TGC1
フェニルメチルシリコン トリグリセライド

専用キャピラリーカラム
専用キャピラリーカラムは当社が開発いたしましたオリジナル液相をコーティングすることにより汎用タイプより、さらに高感度・高分離・高定量性を可能にしたキャピラリーカラムです。
ここに各種製品をまとめてご紹介いたします。

脂肪酸メチルエステル専用

ULBON HR-SS-10

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

ULBON HR-Thermon-3000B

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

近年、脂肪酸メチルエステルのキャピラリーカラムによる分析は、生化学分野において重要な分析手段として広く行われるようになってきました。特にcistrans異性体、位置異性体の分離は、脂肪酸エステルの分析には欠かせないものです。
当社では、脂肪酸エステル専用キャピラリーカラムとして ULBON HR-SS-10ULBON HR-Thermon-3000B*の2種類を発売しております。

*ULBON HR-Thermon-3000Bは、従来品のULBON HR-Thermon-3000Aに改良を加えた、より安定な高性能、高分離カラムです。

Advance-DS

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

汎用性のあるWCOTタイプです。
特殊な分析以外にも広範囲にご利用ください。

精油・香料類専用

ULBON HR-Thermon-600T

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

精油、香料の分析ではキャピラリーガスクロマトグラフィーを利用することは不可欠のものとなっています。その主成分は、テルペンと呼ばれる(C5H8)nの分子式をもつ鎖式または環状の炭化水素とその誘導体で、化学的に不安定なアルコール、アルデヒド、ケトンなどです。
このような主成分をもつ精油、香料のキャピラリーガスクロマトグラフィー分析には、特にカラム内面の不活性度が抜群で、高感度、定量分析が可能な安定した高分離能キャピラリーカラムが要求されます。
当社は、この要求に応えるキャピラリーカラムとしてULBON HR-Thermon-600Tを精油香料類専用キャピラリーカラムとして発売しています。

有機水銀(メチル、エチル水銀)・トリブチルスズ専用

ULBON HR-Thermon-HG

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

公害関連物質として、すでに規制されています有機水銀および近年、有害物質として、漁網の防汚剤、船底塗料に使用されているトリブチルスズの分析に最適なキャピラリーカラムです。
塩化トリ-n-ブチルスズ、アルキル水銀の分析は、パックドカラムでは吸着現象のため定量値の再現に欠けます。
ULBON HR-Thermon-HGは、吸着現象はきわめて少なく、定量値の再現性、高感度分析も可能です。特に、塩化トリ-n-ブチルスズの分析にはパックドカラムと比較して分解、吸着現象は少なく、優れた分析能を示します。

トリグリセライド専用(不活性化処理済耐熱キャピラリーステンレスカラム)

ULBON HR-TGC1

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

キャピラリーカラムは、内面が高純度な石英管に外面をポリイミドでコーティングしたフューズドシリカ カラムが一般的に使用されています。しかし、350℃以上の高沸点試料の分析には、高温に耐えられず、また、折れやすいという欠点がありました。
この欠点を補う為、高温用ポリイミド被覆カラムや、外面にアルミコーティングしたカラムもありますが380℃以上の耐熱や、操作中に折れやすい欠点は、完全には改良されていませんでした。
弊社では、これらの高温分析に対応するカラムとして、キャピラリー ステンレスカラムの内面を完全に不活性化処理し、フューズドシリカと同等以上の性能を持つ内面不活性カラムを発売いたしました。外径0.5mmφ内径0.25mmφのステンレスカラムを使用しており、400℃以上の耐熱、機械的強度に十分耐用できるものです。
ULBON HR TGC-1は、この不活性化処理済耐熱キャピラリーステンレスカラムを利用した高温分析用キャピラリーカラムです。

アルキルフェノール類専用

当社が特に専用分析用キャピラリーカラムとして開発したWCOTタイプのオリジナル製品です。特殊な分析にはぜひご利用ください。

ULBON ALPhen

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

従来、ガスクロマトグラフィーでは分離不十分のため、分析が困難とされてきましたクレゾール、キシレン、エチルフェノールなどのアルキルフェノール化合物の異性体が完全に分離できます。

  1. 特に、2,4-キシレノール、2,5-キシレノールが分離し、キシレノール全異性体(6成分)が完全に分離します。
  2. クレゾール、エチルフェノールの異性体の分離が良好です。

上記のようにALPhenはアルキルフェノール類の分離に優れた性能を示し、最適の分析を提供できます。

2,6-、2,7-ジメチルナフタレン専用

当社が特に専用分析用キャピラリーカラムとして開発したWCOTタイプのオリジナル製品です。特殊な分析にはぜひご利用ください。

ULBON DMN267

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

ジメチルナフタレン(DMN)10種類のうち、特に物理的、化学的性質が近似している 2,6-DMN、2,7-DMNの分離を目的としたWCOTタイプの専用キャピラリーカラムです。
ULBON DMN267は次のような特長があります。

  1. 耐熱温度は160℃です。また、安定的に使用できます。
  2. カラム寿命が長いです。

ジメチルナフタレン異性体専用

ULBON PLC

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

高純度の2,6-ジメチルナフタレン(DMN)は、耐熱性、高強度を要求される樹脂の原料として脚光を浴びるようになってきました。しかし、DMNには10種類の異性体があり、なかでも 2,7-DMNとはその物理的・化学的性質が酷似しているため、ガスクロマトグラフィーにおいて、その分離が困難とされていました。弊社では DMN の全異性体の完全分離ができるキャピラリーカラムとして ULBON PLC を開発しました。
ULBON PLC キャピラリーカラムは、特殊な液晶を液相としてコーティングしています。液相としての使用温度範囲(液晶発現)は150〜160℃で、カラムオーブン温度を適正にコントロールすることにより、特に 2,7-、1,3-、2,6-DMN の微細な分離ができます。
より長く、高分離をしていただくため次の点にご注意ください。

  1. 分析は効率よく行い、カラムの使用時間をできるだけ短くしてください。
  2. 夜間など一時的に分析を中断される時は、キャリヤーガスを流したままでカラムオーブン温度を50℃以下にするか、または装置を停止してください。
  3. キャリヤーガスはヘリウムより窒素の方が分離や検出感度の点において優れています。

キシレン異性体専用

ULBON Xylene Master

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

  1. Xylene Masterはキシレンの異性体に対して約1.1と大きな相対保持値を有しているため優れた分離能を示します。
  2. 液相自身大きなカラムキャパシティーを有し、フューズドシリカによる吸着活性もきわめて少ない結果、数ppmの微量分析が可能です。
  3. 最高使用温度は160℃です。一般の分析に使用されているフタル酸エステル系液相のカラムよりも耐熱性は向上しています。そのため、より沸点の高いアルキルベンゼン異性体の分析にも適用できます。

パラキシレン中の不純物専用

ULBON SPX-1 (SUS)

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

  1. パラキシレン(p-Xylene)中の不純物(例えばm-Xylene,Cumeneなど)の分離分析専用です。
  2. ハロゲン化フタル酸エステル構造をもった液相からなるWCOT型ステンレススチール(SUS)キャピラリーカラムです。
  3. p-Xylene中のm-Xyleneの分離分析は、通常のGC分析ではp-Xyleneが先に溶出するため、キャピラリーカラムでも非常に難しい分析とされています。
    特に微量のm-Xyleneの分析はきわめて困難とされています。SPX-1は、微量m-Xyleneが主成分のp-Xyleneの前に溶出します。そのため定量分析も可能です。

低級遊離脂肪酸

FFAP

この製品の分析例へ製品購入お問い合わせ先

PDF DownloadGC キャピラリー 専用カラム 仕様と価格

↑ページ先頭へ

HOME | 製品紹介 | 技術情報 | 企業情報 | お問い合わせ | GC/LC検索