HOME : 製品紹介 : ULTRON HF シリーズ : ULTRON HF-C4

ULTRON HF-C4

PDF DownloadULTRON HF-C4 仕様と価格

ULTRON HF-C4とは

階層的多孔構造をもつシリカゲルに、官能基 (C4, C18) を化学結合したモノリス型シリカキャピラリーカラムです。
プロテオーム解析で、高再現性、高ピークキャパシティーをお求めの皆様へご提案いたします。

ULTRON HF-C4の仕様

カラム名 ULTRON HF-C4
カラムタイプ C4
カラムサイズ  
(長さ x 内径)
250 mm x 0.1 mm
700 mm x 0.1 mm
使用目的 インタクトタンパク質分析 高疎水性化合物分析
流量範囲 推奨範囲: 300~500 nL/min
pH範囲 推奨範囲: 2.0〜8.0
推奨温度範囲 FEP スリーブ: 30〜50°C (Max. temp. 50°C)
PEEK スリーブ: 30〜60°C (Max. temp. 60°C)
最大許容圧力 FEP スリーブ: 20.0 MPa
PEEK スリーブ: 30.0 MPa

キャピラリーカラム本体の外径は0.38 mmです。スリーブやフェルールなど、ご使用になられるNano flow LC system へ適合した フィッティングをご使用下さい。通常出荷時のフィッティングは、FEPスリープ仕様です。オプションで、耐圧仕様パーツ(INJ側 PEEK スリーブ)もご用意致しております。弊社で、耐圧仕様(PEEKスリーブ)をセッティング(有償)してお届けできます。

品名 摘要
標準仕様
(FEPスリーブ)
① 1/16” PEEK密栓
② 1/16” O.D. x 0.35 mm I.D. x 40 mm FEPスリーブ
③ 1/16” CTFEフェラル
④ 1/16” PEEKフィッティング
⑤ 1/32” PEEKカラムジャケット
・ バルコバルブ(Thermo Fisher Scientific)に対応しています。
・ カラムをシステムに取り付ける際は、0.6 N・mを目安として下さい。

INJ側 耐圧仕様
(PEEKスリーブ)
① 1/16” PEEK密栓
② 1/16” O.D. x 0.41 mm I.D. x 40 mm PEEKスリーブ
③ 1/16” PEEK高耐圧フェルール
 (ステンレスとPEEKブレンドポリマーのハイブリッド型)
④ 1/16” PEEKフィッティング
・ バルコバルブ(Thermo Fisher Scientific)に対応しています。
・ フェラルをかしめる際は、トルク1.4 N・mを目安として下さい。
・ カラムをシステムに取り付ける際は、1.1 N・mを目安として下さい。


ULTRON HF-C4 カラム温度の影響 (タンパク質混合物)

分子量が8万程度であれば、体温に近い温度での蛋白質分離が可能です。


ULTRON HF-C4 カラム間再現性 (タンパク質混合物)

カラム間の再現性も良好です。


ULTRON HF-C4 モノクローナル抗体測定におけるカラム温度の影響

45℃以上にてmAb (145 kDa) の分析が可能です。


ULTRON HF-C4 モノクローナル抗体分析におけるカラム温度の影響

低温 (45℃, 50℃)で分析が可能なため、mAb由来未知成分の発生を抑制できます。


ULTRON HF-C4 モノクローナル抗体のキャリーオーバー

カラム温度50℃で85%以上の回収率を示しました。


ULTRON HF-C4 使用上の注意点

  • キャピラリーカラム本体は細い石英管で出来ており、傷に対してデリケートです。ぶつけたり、落とすなどの強い衝撃を与えないで下さい。また、金属などとこすれないようにして下さい。微細な傷等によりカラムが折れる原因となります。
  • フィッティング部(事前加工品)は、事前に最適化しております。部品を外すなどして分解しないで下さい。
  • カラムは、R = 100 mm程度まで曲げることが可能です。それ以上に強く曲げるとカラムベッドあるいはキャピラリー管の破損の原因となりますのでご注意下さい。
  • カラムは、流量範囲、pH範囲、推奨温度範囲でご使用ください。この範囲を超えると早期劣化の原因となります。
  • カラムは、最大許容圧力以下でご使用ください。 最大許容圧力は、標準仕様(FEPスリーブ)20.0MPa、耐圧仕様(PEEKスリーブ)30.0 MPaです。
  • 本カラムをご使用する前に、移動相および試料は0.45 μm以下のメンブレンフィルターで濾過して下さい。 濾過を怠るとカラムフィルター部分に目詰まりを起こし圧力上昇やピーク割れの原因となります。
  • 移動相は十分に脱気してご使用下さい。移動相の脱気が不十分な場合、装置内、カラム内に気泡が発生し、 トラブルの原因となります。
  • 試料は出来る限り移動相と同じ組成の溶媒に溶解させて下さい。
  • カラムの封入液はメタノールです。カラム取り付け後に封入液から移動相へ置換する際は、急激な圧力上昇を起こす危険性がありますので、流速を200 nL/min程度で10分以上通液した後、目的の流速まで上げて下さい。

ULTRON HF-C4 の洗浄方法及び保管

  • 60%以上の有機溶媒を含む、有機溶媒と水の混液(酸、無機塩を含まない)で洗浄して下さい。
  • 分析終了後は、圧力計がゼロになってからカラムを取り外して下さい。
  • 長期保存する場合は、有機溶媒で置換をした後、同梱している密栓をして冷暗所に保管して下さい。

製品購入お問い合わせ先

PDF DownloadULTRON HF-C4 仕様と価格

↑ページ先頭へ

HOME | 製品紹介 | 技術情報 | 企業情報 | お問い合わせ | GC/LC検索